性別のお話

こんにちは!
ヒナ男です。
と、変な記事タイトルで書こうかと思ったのですが
釣られて変な人が来そうなのでやめました。

先日、ブログランキングで
私のブログ方向に矢印があって、こいつネカマだぜ!
のような文章が書かれてたのをたまたま見ちゃいました。

私はネカマだったのか!?
しかも、ヒナ男かよ。。。
とよーく見てみたら、私じゃなかったようなのですけど
女性トレーダーブログって、どうもネカマ疑惑がついて
回るようですね。

一応私はみつしろさんとの

何かイメージ違いました!
とか
癒し系かと思ってたのに~~~!

とか、殿方の期待を打ち砕くがっかり度満載な
対談音声配ったりしてるので
聞いて頂いた方はとりあえず、女性という事は
判別できるかと思うのですが、
それでも、手術してるんだろ!とか
難癖つけようと思えばいくらでも出来る訳です。

・・・対談録るだけの為に女声になるなんて、
よっぽど気合がないとできません。

ぶっちゃけ、自分にとって役に立つな!
という情報を出してるのであれば、
性別なんて関係ないじゃないですか。

もしかしたら、女の子になりたかった男の子が
書いてるかもしれないし。
そっとしといてあげようよ・・・。
と思うのです。
嫌だったら見なきゃいいだけですしね。
(たとえ、集客目的だったとしても、
一つの手法かもしれないし、
その情報に価値があるから、
多くの人に支持されてるのだと思います)

こういう事を気にするのは、
男性の方が多いのかな?と思い、

何人かトレードをしている女性の方に
意見を聞いてみたのですが、
特に何も感じないよね、という話に終わりました。

私からしてみれば、
男性である事の方が羨ましい。

できれば、
私もヒナ男になりたかったです!

女性視点から見れば、
日本はまだまだ男性社会です。

男性として生まれてきた時点で
アドバンテージのある社会です。

会社によっては、
同期で昇進も男性の方が優先される、
勤続年数も仕事量も同じなのに、
給与も性別で差をつける、
そういう格差も未だに平気で行われています。
(もちろん、平等な会社も多々あります)

私は料理関係の仕事を長年してきましたが、
今の職場に対する男性の偏見は凄いです。

手がけているジャンルが日本料理、
という事もあるのですが、とにかく
女である、というだけで文句を言われます。

例を挙げると、

店の近所の鰻屋に
ご飯を食べに行った時の事。

お金を落とすなら、近所に店と思って
何度か行ったのですが、
ある時、その鰻屋の主人が
鰻重を出してくれた後
ペラペラ喋り出し、

「女が板場に入っている店なんて、
俺ァ行きたくないね!」

と言われたことがあります。
一応、私はお金を払って鰻を食べている
お客さんです。

食べかけの鰻重をぶん投げてやろうかと思いましたが、
私の為にお亡くなりになった鰻に申し訳ないので、
黙って完食しました。
せっかくの鰻が砂のようでした。

あと、一見のお客さんにはよく、
父に子供の数を聞き、
娘しかいないとわかると、

「跡取りがいなくて大変だね!
娘さんじゃ無理でしょ!
早く結婚してさ、婿さんに継いでもらいなよ!」

というおじさんが、うんざりするほど多いです。
店を存続させる為だけに
私は結婚しなきゃいけないのかい!
とツッコミを入れたくなりますが^^:

昔はこんにゃろ!こんにゃろ!
店の裏で皿を割りたくなる気持ちになりましたが、
今では「そうですね~^^」
とにっこり笑ってかわせるようになりました。
大人になりましたよ。。。

常連のお客さんは、
私がほとんどの魚を捌いて調理できるのを知っているし、
一般の人が扱えない特殊な魚を扱える資格を
持っている事も知っています。

そして、父が入院した数ヶ月、
私が仕入れから仕込みと料理も全てこなして
パートのおばちゃんと店を回していたことを
知っているので、そんな事は言いません。

でも、そんな事は初めて来たお客さんは
わかりませんから、

私のスキルや経験を全て無視し、

女性だから、無理!

という言葉を平気で言うのです。
かと言って、私がお店を継ぎたいのかというと
全然継ぎたくないのですが、
女だから!と言われて、決めつけられるのが
すごく嫌なんですよね。

この決めつけるタイプの人って
トレードには向かないです。

自分の都合や考えが全て正しいと思っているので、
言われた相手の気持ちなんてこれっぽっちも
考えていない。

想像力が欠けている、
という事です。

と言うことは、トレードで立てたポジションは
絶対で、損切られる事はないと思っています。

損切りにあっても、
自分が正しいと思ってますから、
反省をしません。

そして相手を思いやる気持ちがないので
相場様の気持ちを考えず、
自分優先でトレードすので、
他の見方ができず、
継続して利益を得ることができません。
おそらく、待つ事もできないでしょう。

相手を思いやる気持ちは
柔軟な気持ちと通じます。

時々、女性と男性、どっちがトレーダーに向いてるか?
という記事とか見かけたりしますが、
私はどちらも向いていると思います。

女性は、いつもスーパーでの値段に敏感だから
値ごろ感覚が鋭いから

男性は思い切りの良さが、リスクを積極的に
取っていく度胸がある

などなど、
統計学的な面とか、男女のホルモンの関係で
こういう行動を取りやすい、というのはあると
思いますが

誰でも、男性の人は女性の一面
女性の人は男性の一面を
持ち合わせていています。

要は個の力です。

私がトレードが好きなのは
相場様の前では、男女の違いも関係なく、
チャンスは平等である、という所です。
(資金量を除きますが・・・)

繊細さとか、柔軟な気持ちがないかも。。。
という人でも、心のどこかで眠っているだけです。
トレード中だけでも、心がけ次第でちゃんと
身につけられると思います。

先日も書きましたが、要はバランスを上手く取る事
・・・なのですが、この性別に焦点を当てた
バランスで行くと
最強なのはニューハーフさんになりますね!

今日は女性の事を軽く見るおっさんの話をしましたが
それはほんの一部で、私の知るほとんどの男性は
懐の広い、良識のある方が圧倒的多数です。

メルマガ読者さんもナイスガイ!が多いですしね^^

ちゃんと書いておかないと、誤解されそうだったので
追記しておきます^^

長くなりましたが
ここまで読んで頂き、感謝!
女性も大変だよね。。。と思ったら
応援よろしくです^^

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ヒナ男さん
    鳥塚です

    僕も相場が大好きなんですが
    それは完全に平等だからです

    10歳の金星人ウォークイン型ニュータイプの
    Fラン大学中退で、加齢集が酷いイタリア人でも

    けっして相場の神様は差別しないし

    理不尽な言葉を感情のまま投げつけて
    傷つけたりしません

    資金を飛ばすのは、自分がそうしただけの話です

    僕は相場が大好きです

    • とりさん、ヒナ男です。
      いつもメールもありがとうございます^^
      というか、メールが届くたびなかなかの豪快っぷりに
      ヒヤヒヤするのですけど^^;

      なかなか真理を突いたコメントですね。
      ネスカフェ飲んで頑張ってください^^
      ここでも加齢集が(笑)