強くなる条件 1

私は今まで、色々勉強しすぎて、頭の中がぐちゃぐちゃになって、
それでも、損失を繰り返して、ずいぶん長い間、
暗黒時代を過ごしてきました。

頭に詰め込みすぎて、
あれもこれも大事!大事!
と色々試したけど、
結局、軸がないので、どれを中心にしたら良いのかわからず、
日々、一人で闇鍋をつついていた日々でした。


うん、一人闇鍋。
これほど虚しいものはありませんね^^;

で、何で知識を詰め込んだのに上手くいかなかったか?
というと、本当に一番大事な部分。

 

私という人間を検証してなかったんです。

 

トレードって、自分という人間をを知らなくては、
どんなに勝率の高い手法を手に入れたとしても、無意味です。
(無意味って事ないですね・・・そのまま素直に愚直に、それをやり続けて
上手くなった人もいます)

例えば、今すぐランボーの持ってるみたいな機関銃を渡されて、
撃てーーー!

って言われても、無理っ!ですよね。

だって、自分の筋肉が、
機関銃の反動に耐えられるかどうかもわからないし、
どう扱って、どこを狙ったらいいのかわからないし、
そもそも、何で機関銃を機関銃を撃たなきゃいけないか
わからないです。

トレード中では、目に見えない自分が出てきます。

こんなに欲深かったっけ!?
とか、恐怖にガタガタ震えるなんて、日常茶飯事。
感情をガタガタ揺さぶられます。

ですから、どんなに良い本を読んでも、
ちゃんと自分を知った上で行動に乗せるのと

自分がトレードでどういう事をしちゃう人間なのか、
よくわかってないまま、ただ漠然とその情報を
使ってみるのとでは雲泥の差があります。

ですから、まず、手法云々より、日々の自分のトレードを
ちゃんと記録して、自分がどう思い、どんなトレードをしがちなのか、
データを集めましょう。

これって、ドラクエとかのRPGと言われるゲームに似てますよね。
プレイヤーは、自分がどんな状態か常に把握しています。

HP(体力)はどのくらいか?
MP(魔法)はあとどの位魔法を使えるのか?
攻撃力はいくつか?
どの位の敵の攻撃なら耐えられるか?

自分の状態を熟知した上で、
そして、手にした武器や魔法を駆使して、
難題をクリアしていくのです。

これってちょっと、トレードと似てませんか?
ゲームの中でできることを、
トレードではできないなんて絶対にありえません。
まずは、自分を知る。
筋肉を付けいていくのは、その後です。

じゃ、その筋肉をどうやってつけていくか?

それは、検証です。
日々のトレードの記録、
そして、相場のパターン検証。

これについては、後ほど書いていきますし、
メルマガ内でもやっていこうと思います^^

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • いつもお疲れ様です。
    自分も、今まさに闇鍋をつついている状態だと思います。

    ですが、ヒナさんのブログ、メルマガで
    その闇鍋のどの辺りをつつけば
    当たりを引く可能性が高いのかなんとなく
    わかってきた気がします。

    自分自身の検証、自分の悪いところを探すのは
    いやな作業ですし、早く先に進みたいと焦るところ
    ですが、ここは我慢してじっくりやっていきます。

    次回のメルマガ、ブログ楽しみにしています。

    • sugiyamaさん、いつもありがとうございます^^
      私は結局は灯台下暗しだと思うのです。
      多くの人はやり方だけを外に求めて、
      自分という軸をないがしろにしている。

      これって、すんごく勿体無いと思います。
      私はもったいないことをして、
      何年も回り道してきましたが、
      やっぱりここをしっかり、こなして行くことで
      ショートカットできると思います^^

      どのようにすれば、うまく伝わるか
      試行錯誤中ですが、楽しみにしていて下さいね^^